閉じる

本田望結ちゃんの「記憶力」のワケは、七田の暗唱にあり!

人気子役として活躍中の女優・本田望結ちゃんは、1歳から七田チャイルドアカデミーに通っていました。ドラマの台本は、自分以外のキャストの分まで丸暗記し、周囲を驚かせるという望結ちゃんの抜群の「記憶力」。七田の教室では「暗唱」が得意で、積極的に取り組んで、毎回先生を驚かせていたそう。

暗唱は「右脳」の記憶力を開花させる。

学問は「暗記」と言われます。暗記には「読むチカラ」も「聞くチカラ」も必要。目から耳からの情報をくり返し大量入力すると、頭の働きの質が変わり、学習しやすい脳になります。

また、入力だけでなく、それを声に出して言うことで、体の中の自分の骨に振動が伝わり、それが脳にも信号となって伝わって、記憶の回路がつくられ、右脳の中で、いつでもどこでも思い出すことのできる「本物の記憶力」が開花します。

すると、それだけではなく、言語習得力、イメージ力、創造力、ひらめき、処理能力、文章力、表現力、感性といったすばらしい能力の開花につながります。これが右脳の持つチカラ。

「暗唱」は、ただ覚えるためだけの取り組みではなく、"右脳を開花し、多彩な能力を咲かせる種"と言えます。

望結ちゃんの驚異の「記憶力」

いつでもどこでも思い出せる「右脳のチカラ」は、今も健在!?本田望結ちゃんが、久しぶりに「暗唱」にチャレンジしました。

本田望結ちゃん 2歳で暗唱!?『春望』杜甫

本田望結ちゃん 暗唱 『論語』「為政第二」